電話占いのよく当たる占い師は、相談者の人間関係について的確なアドバイスをしてくれます。
とくに会社内の人間関係では、苦手な先輩社員、苦手なタイプの権力者がいます。このような人間との距離感の取り方に苦労しているビジネスマンは多いと思いますが、電話占いのよく当たる占い師は的確なアドバイスをしてくれます。
また、自分から積極的に会社内の人間関係を有利な形に構築していきたいと考え、社内に積極的に噂話を流したりして自分に有利な社内情勢を作る一方、周囲の同僚や先輩社員から恨まれてしまい、かえって社内で浮いた立場にたってしまうケースもあります。そのような場合、今後の自分の立ち居振る舞いをどのようにしたらよいかについて、電話占いのよく当たる占い師は的確なアドバイスをしてくれます。
これから、これらの事例を書いていきたいと思います。

苦手なタイプの人間との距離感

会社のなかには、社長の側近である立場をフルに活用して、周囲の社員に対して傲慢な態度で接してくる人物がいます。とくに創業時代から社長と苦楽を共にしてきた社員に多くいるタイプです。
このような権力者タイプの社員は、自分にこびない社員のことを忌み嫌い、隙あらば社長に直接告げ口し、社長の心象を悪くしようと計ります。
そして、このようなタイプの社員にかぎって、仕事を忙しくしていないため、頻繁に社内を歩き回り、さまざまな社員に話しかけます。相手が仕事で忙しくしていても、お構いなしに話しかけてきます。そのとき、不愛想に対応したり、適当にあしらうと、権力を持つ社員から目をつけられるようになります。そして、些細なことで嫌がらせを受けたり、社長の目の前でわざと罵倒されるのです。
このような厄介な社員との距離感をどのようにすべきかを、電話占いのよく当たる占い師に相談すると、適切なアドバイスをもらうことができます。
具体的には「流れを読むことが大切」とか「流れに逆らえば溺れてしまう」という言葉をもらうことができます。つまり、自分の感情や自分のプライドを優先して、相手の社員に対して振舞うと、自分が損をするということです。
また、よく当たる占い師は「相手が困っているときに助け舟を出せば、相手はあなたに恩を感じますよ」ともアドバイスしてくれます。所詮、社長の力を背景にして威張っているだけの社員のため、その社員が仕事などで困っているときに手を差し伸べれば、対等な関係になれるとアドバイスしてくれるのです。
人間関係の機微を教えてもらえるため、相手の出方によって振舞うべき方法を身につけることができます。

会社内の人間関係を有利にしたいと願い、策士策に溺れる状態になったとき

長年、サラリーマンをしていると会社内で自分の立場を盤石にしたいと考えたり、自分の思うがままに会社を動かしたいと考えるようになってしまうケースもあります。野心を抱いてしまうのです。
それに、取締役や社長にならなくとも、取締役や社長から信頼されることによって、実質的に会社を動かすこともできてしまいます。実際にそのような会社は世の中に多く存在します。
このような野心を抱いてしまうと、まずは会社内の人間関係の操作をおこなおうと考えがちです。社内で有力な立場に立っている幹部社員の欠点を噂として流したり、社内の男女関係のスキャンダル情報を社長に密告するのです。
そのような暗躍や、社内の人間関係の工作をすることによって、次第に社長や取締役との距離を縮め、中間管理職でありながら会社を動かせるだけの力を持つことができてしまいます。
ところが、そのような大胆な社内工作を続けていると、噂話を流されたり、スキャンダル情報を流されてしまった社員たちからは恨みを買うことになります。そして、そのような社員たちから、今後は一方的に悪い噂を流されたり、社長に直接ご注進が寄せられてしまい、やがて社内で孤立してしまうのです。策士策に溺れるという結果に陥ってしまうのです。
このような状況に陥ってしまった場合、今後はどのように社内で振舞えば良いのかと、電話占いのよく当たる占い師に相談すると、的確なアドバイスをもらえることができます。
具体的には「凹凸は更地になおさなければいけません。あなたは、あまりに突出しすぎたのですから、今後は徹底して窪みに潜むことです」と言ってくれます。そして「窪みに潜んでいれば、いつのまにか土地は平になだらかに整えられ、あなたは再び普通に振舞うことができるようになります。それが世の中です」とアドバイスしてくれます。
よく当たる占い師は、先の先を見通してアドバイスしてくれるため、人生の岐路にたたされたときは相談相手として欠かせない存在です。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません

  • カテゴリーなし