ウォーターサーバーは小型を選べば邪魔にならない

自宅で美味しい水を飲みたいと思ったら、ウォーターサーバーを導入するという方法があります。
しかし、ウォーターサーバーは家具のように大きくてスペースをとりそうだから、自分の家には置けないと思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。
ウォーターサーバーは床に置くタイプをよく見かけますが、実は小型のタイプも出ており、キッチンのカウンターなどの上に置いて使うことができます。
ウォーターサーバーは水平な場所に置く必要があり、電源につなぐことも求められます。
そういった条件が満たせる棚の上などに置けば邪魔にならないので、今までウォーターサーバーの導入をあきらめていた人も小型タイプを検討してみてはどうでしょうか。

プレミアムウォーターの小型サーバー

富士吉田などの採水地から、非加熱処理で美味しい天然水を届けているのがプレミアムウォーターという会社です。
プレミアムウォーターにも小型のサーバーが用意されています。
それは、スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)と、6Lパック専用常温サーバーです。
6Lパック専用常温サーバーは、常温の天然水が出せるタイプで電源が不要なのが魅力です。
このタイプは購入モデルになっているので、レンタルしたい人には向いていませんが興味がある人は検討してみると良いでしょう。
一方、スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)は、この会社の定番機種の卓上タイプであり、機能性にも優れているのが魅力です。
スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)はコックを押すだけで約6℃の冷水と約85℃の温水の2種類を出せるため、飲み水としても便利ですしお茶などを作るのにも重宝します。
この機種はレンタル代0円になっており、気軽に利用を開始できます。
チャイルドロックが付いていることで、子供がいるご家庭でも安心して使えるのも良い点です。
また、電気代は通常月額790円ほどかかりますが、エコモードを利用すれば月額630円ほどに抑えることも可能です。
そして、スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)の良い所には、デザインが優れているということも挙げられます。
本体とボトルカバーのカラーを選んで組み合わせることができるので好みに合わせられますし、上品で高級感があるデザインは、インテリアにこだわりがある人にも受け入れられるでしょう。

フレシャスの小型サーバー

安全で美味しい天然水を富士山の標高1,000mなどから採水しているフレシャスでも、小型のウォーターサーバーが利用できます。
フレシャスで選べる小型サーバーには、デザイナーズモデルのdewo mini、ベーシックモデルのサイフォンプラスのショートタイプとアクウィッシュのショートタイプがあります。
更に、購入のみになりますが、ミッフィーとコラボしたモデルのdewo miniもあり、選択肢が多いのが魅力です。
どの機種にもクリーン機能やチャイルドロック機能などが付いており、便利に利用できるサーバーになっています。
光センサーが部屋の明るさを感知して自動で節電をするSLEEP機能もあり、電気代の節約も叶えられます。
フレシャスの小型サーバーの中で、dewo miniはデザインの良さが特徴になっており、冷水と温水の両方を出せます。
カラーは3種類あり、シックな雰囲気があるため、高級感のあるインテリアの家にもマッチするはずです。
この機種はサーバーレンタル料が初月は無料ですが、次の月からは条件を満たせば無料で使えるというシステムになっています。
レンタル料がかかる場合も月額税込550円ですから、家計への負担は比較的少ないでしょう。
それに対してサイフォンプラスとアクウィッシュのショートタイプは、ずっと無料でレンタルできるのが良い点です。
カラーは定番色とアクウィッシュカラーを合わせて6種類あり、部屋の雰囲気に合うものを選べます。
なお、この機種は停電の時にもレバーを押すだけで水が出せるので、災害時にも安心感があります。

ウォーターサーバーは小型もおすすめ

今回ご紹介した2社の他に、クリクラやシンプルウォーターといった会社でも小型のウォーターサーバーを利用可能です。
一人暮らしの人にも小型サーバーなら導入しやすいと考えられるので、ウォーターサーバーを使ってみたい人は小型タイプを選んで申し込んでみてはいかがでしょうか。

あなたにあったウォーターサーバーをお探しならこちらがオススメ!
ウォーターサーバー徹底比較.com

投稿日:9月 22, 2020 更新日:

執筆者: